FC2ブログ
    パイロットのフリクションを買った
    遅々として進まないよー。
    こんな時は小物を買って準備をした気分になるに限る。

    パイロットのフリクションボールはマンガ家さん、イラストレーターさんの間では便利ツールとして浸透しているみたいですね。
    60℃以上の熱で消えるので、
     1.フリクションで下書き(青とか)
     2.ペン入れ
     3.ドライヤーでペン入れしたのインクを乾かすと同時に下書きが消える
    っていう使い方が超便利らしいです

    2012-08-08.png

    ただ俺ちゃんはデジタルに起こす濃いめの線の下書きが出来ればいいので、単純に鉛筆の変わりなだけです。先っぽのとんがり具合とかケシカスとか気にしないですむところも便利。
    ペンで描くの楽しいけど、ついついUndoボタンとかCtrl+zを探してしまう。
    スポンサーサイト



    これは欲しいぜ!2
    皆さんはシャーペンとシャー芯についてどうお考えだろうか?

    例えばフィルム式のカメラを考えてみよう。
    あなたはカメラ本体を持っていて、写真を撮るために24枚撮りのフィルムを買ってきたとする。
    もし、このカメラが3枚分のフィルムしか入らない構造で、いちいちフィルムを3枚分切ってセットしなければならないとしたら?
    3枚撮る毎に再度セットし直さなければならないとしたら?
    現在販売されているシャーペンの多くががまさにこの状態である。

    多くのシャー芯が40本で売られているのにシャーペンには一度に3、4しか入れることができない。
    皆さんも入れ替えが面倒でできるだけいっぱい入れちゃえーとぎっつぎつに詰めたら芯が出てこないのでやっぱ何本か抜こうと思ったら出てこなくなっちゃってどうにもこうにもならなくなった経験がおありの事と思う。

    40本芯が入るシャーペンて無いの!?

    あるのである。

    これである!↓
    ……ってメーカーの紹介ページリンクしようとしたら無くなっとる!!
    ウダウダしてたら生産停止したかしらん。
    サンスター文具 シンドバット(文具屋さんの紹介ページ)

    でもこれじゃないなあ。
    クリップのところにBとかHBとか書いてあってシャーペンではなくシャーペン機能のついた替芯ケースですってコンセプト&デザインだったんですがー。モデルチェンジがあったのかな。

    カメラ→写るんですとシャーペン→シンドバットのアナロジーでうまくまとめるつもりがウダウダのせいでグダグダになっちゃってとっとと通販ででも何でも入手しないと一生手に入らなくなっちゃうやばい急げ!
    これは欲しいぜ!!
    腕時計ってあるじゃないですか。
    時計なんですがちっちゃくてバンドなんかで手首に留められるやつ。
    時計が携帯できる、いつでも時間がわかるという事で一大ブームを巻き起こしました。
    今となってはバンドを長時間締めているともぞもぞする、夏場臭う等の短所から携帯電話等の代替えデバイスに需要はシフトしているようです。

    つか俺が腕時計苦手だって話ですが。
    時間わからない→不便→時計買う→腕もぞもぞする→頻繁に外す→無くす→時間わからない
    というループを幾度となく繰り返し、携帯を入手してからはこんなんいらねー!とばかりに腕時計の装着を拒んできた私。
    でも携帯の時計見るのも意外とめんどいんですよねー。
    一時期電車通勤してたのですが混雑したホームとか車内で時間見るのにゴソゴソするのって面倒。なかなか出ない時とかイラっとするし、周りに迷惑じゃないか気になったり。
    そういうのもあって結局その頃からGショック使ったりしてます。もぞもぞは我慢して慣れた。臭くなったら洗うと臭くなくなるよ。

    ガジェットやコレクターズアイテムとしての腕時計にも興味が沸くことはあまりないのですが、これは欲しいぜ!!!!↓

    月から持ち帰った岩石を敷き詰め、アポロ11号の機体で作り上げた超高級腕時計 (Gizmode)

    すげえ!
    つまりはタイトル&リンク先記事の通りなんですが、月の素材&月に行ってきた素材が自分の腕に密着するんですよ!メイドイン月ですよ!(じゃないけど)
    こういうの興奮しないですか?
    なんつうのか、本来遠く手の届かない筈の物なのにここにある!っていう。
    石器時代の矢じりに対して「数万年前の人がこれ一生懸命作って使ってたんだなー!」とか感じるような。ロマン。

    肝心のお値段はお値段はモデルによって1万5000ドルから50万ドルとの事で、まあ、手の届かないことには変わりないのかな……。(←うまくまとめた)

    【本日の応募】
    月とウサギの風呂敷(UnDigital科学博物店)
    兄弟
    hanp

    こんばんは。
    モバイルなデバイスで困るのは周辺機器の持ち運びですよね。
    本体には専用ソフトケースが付いていたりするんですけどマウスとか電源とかカバンの中でグチャグチャになってイラっとします。なんかいいものないかなーと探したらジャストフィットなアイテム発見!

    むかし人からもらった帆布の小物ケース。これにマウスと電源とイヤホンなどを入れたらバッチリ収まった。サイコー!

    この小物ケースつくってる帆布屋さん(おのみち帆布)って兄弟でケンカして会社を二つに割ったとこかな?と思って調べたらゴタゴタしてるのは一澤帆布と信三郎帆布だった。兄弟仲良くすればいいのにね。
    ここはひとつ俺が一肌脱いで『新一澤信三郎帆布』を立ち上げて粗悪品を量産するぜ!インチキ偽ブランドを打倒する為に兄弟は和解、共闘する。で、偽物業者は兄弟パワーの前に倒れ、名ブランドが復活。大団円。
    そして数ヶ月後、このブログ記事が発見される。
    こんばんは、泣いた赤鬼です。

    【本日の応募】
    福岡帆布 トートバッグ
    *2008/11/14 締切ですが今日(11/16)応募できた。ダメモト君。

    【兄弟のゴタゴタと関係ない帆布屋さん】
    工房 尾道帆布
    見てると欲しくなる。園児バッグとか。ザックとか。
    copyright © 2005 もはや時代は all rights reserved.
    Powered by FC2ブログ.