FC2ブログ
    これは欲しいぜ!!
    腕時計ってあるじゃないですか。
    時計なんですがちっちゃくてバンドなんかで手首に留められるやつ。
    時計が携帯できる、いつでも時間がわかるという事で一大ブームを巻き起こしました。
    今となってはバンドを長時間締めているともぞもぞする、夏場臭う等の短所から携帯電話等の代替えデバイスに需要はシフトしているようです。

    つか俺が腕時計苦手だって話ですが。
    時間わからない→不便→時計買う→腕もぞもぞする→頻繁に外す→無くす→時間わからない
    というループを幾度となく繰り返し、携帯を入手してからはこんなんいらねー!とばかりに腕時計の装着を拒んできた私。
    でも携帯の時計見るのも意外とめんどいんですよねー。
    一時期電車通勤してたのですが混雑したホームとか車内で時間見るのにゴソゴソするのって面倒。なかなか出ない時とかイラっとするし、周りに迷惑じゃないか気になったり。
    そういうのもあって結局その頃からGショック使ったりしてます。もぞもぞは我慢して慣れた。臭くなったら洗うと臭くなくなるよ。

    ガジェットやコレクターズアイテムとしての腕時計にも興味が沸くことはあまりないのですが、これは欲しいぜ!!!!↓

    月から持ち帰った岩石を敷き詰め、アポロ11号の機体で作り上げた超高級腕時計 (Gizmode)

    すげえ!
    つまりはタイトル&リンク先記事の通りなんですが、月の素材&月に行ってきた素材が自分の腕に密着するんですよ!メイドイン月ですよ!(じゃないけど)
    こういうの興奮しないですか?
    なんつうのか、本来遠く手の届かない筈の物なのにここにある!っていう。
    石器時代の矢じりに対して「数万年前の人がこれ一生懸命作って使ってたんだなー!」とか感じるような。ロマン。

    肝心のお値段はお値段はモデルによって1万5000ドルから50万ドルとの事で、まあ、手の届かないことには変わりないのかな……。(←うまくまとめた)

    【本日の応募】
    月とウサギの風呂敷(UnDigital科学博物店)
    スポンサーサイト



    ぐりんぐりん
    guriguri

    Linuxのデスクトップつーかワークスペースって4面とか複数あって切り替えて使えたりするんですけどCompizっていうウィンドウマネージャを入れると切り替えるときぐりぐりまわる!
    よくわかりませんね。youtubeとかで動画が見られるので動いているのを確認してほしい。
    これとか↓。
    Asus EEE PC running xubuntu +compiz
    デスクトップぐりんぐりんの他にもいろんなエフェクトがCompizで実現しているのがわかる。

    なにがすごいってビスタみたいな(あるいはビスタ以上にかっちょいい)エフェクトをEeepcのように非力なパソコンでグリグリできているところです。以前も書きましたがインストールせずともCD起動でおためしできるLinuxは多いのでちょっとぐりぐりしてみたい人はこちら様↓など参考にされるといいと思いました。
    ライブCDの部屋


    【本日の応募】
    ASUSのユーザー登録者へのクローズドアンケート
    サイコガンごっこ
    コブラってあるじゃないですか。寺沢武一の。面白いですよねー。今年はコブラのアニバーサリーイヤーらしくコンビニコミックスで再販されたり新作アニメが製作されたりしています。小さいころ読んだ時ははなんだかイマイチ意味分かんないというか「あなた、ゲーブルじゃないわね?」「君だってビビアン・リーじゃないだろう」等子供じゃ意味分かんない洒落た言い回しも多くレディの黒目がないのも意味分かんないでした。だから、ぼくは、あまりよまないだった。
    今読むと面白いんですよねー。宇宙だけどSFじゃないんですよね。ファンタジーです。宇宙とファンタジーとハードボイルドがごっちゃになってる。楽しい。
    アメコミでありそうな世界観ですけどアメコミより断然読みやすいです。楽しい。
    で、作中ドブスンていう海賊が出てくるくだりがあります。何百隻という海賊船を束ねる親方なんですが、関西弁なんです。普通に関西弁だったらいいんですけど、なんだかどこかで見たようなキャラ設定というか言動というかつまりじゃりン子チエなんです。テツにいつもボコボコにされるヤクザの方たちがいますけど、あんな感じなんです。「いてまうどお!」とかのノリです。この頃寺沢武一になにがあったかは知る由もないですが宇宙とファンタジーとハードボイルドに加えはるき悦巳まで混ざってカオス具合に拍車がかかっています。楽しい。

    【本日の応募】
    クリスタルティアーペンダント (Accesssoriees jewelry GOSPEL)
    よみかた
    今日も新しいパソコンの話なんですが。
    EeePCもローエンドの4G-Xから最新のS101までだいぶラインナップが揃ってきました。
    いいことですね。この中でローエンドの4G-Xを選んだ理由は以前のエントリでも書きましたが価格面での折り合いが一番大きいのですがもう一点外せないポイントがあるのだす。

    それは天板のロゴだー!!

    スペック的に一番ステキだったのは901-xという機種だったのですが、そいつは天板にこんな感じのロゴがついてる↓。

    eeelogo_s.gif
    だ、ださいです!

    一方4G-Xとかスペック的にイマイチな機種はASUSのロゴがついてる↓。
    asus_above_01.jpg
    か、かっちょいいです!

    でもそんなのステッカー貼って隠しちゃえばいいじゃんとも思った。
    むかしPalm互換機のVaisorっていうPDA持ってたんだけど木目調にペイントしてたなあ。
    いつか泡銭が入ったらまたやってみたい。
    Custom Paint Computers(有限会社ジェイド)

    ところでASUSってなんて読むんだよ。
    俺はエイサスって読むぜ。いいだろエイサスで。
    と思っていましたがアスースと読むんですって。

    ASUSという名はPegasusに由来して付けられた。(出典wikipedia)

    Peg-asus
    ペグ-アサス
    あさーす!
    あすーす!!
    まあ、そうなのか。

    Wikipediaは便利だなー。
    もしも学生の頃にあったらATOKをアトックと間違えて読んで恥ずかしい思いをしなくて済んだのに。

    また、読みとしては俗に、
    * アトック
    * アトケー
    * エイトゥーケー
    * エートーク
    * エートック
    と発音されているが、これは当初読みが定められておらず、何と読んでもよいと発表されていたためであり、かつてはジャストシステムの関係者にも実際にアトックと呼ぶ者がいた。(出典wikipedia)


    合ってるじゃねえか!!!

    【本日の応募】
    LOUIS VUITTON (ヴィトン)ロゴ入りパドロック(山田平安堂)
    ベンリー
    Synaptic.png

    EeePCを入手しOSをLinux(eeeXubuntu)に入れ替えて使ってみているわけですが、Synapticっていうアプリケーションのマネージャっつーかなんつーか、インストールしたりアップデートしたりアンインストールしたりの機能があるのね。
    コレガ(Corega)ベンリー!

    Windowsだと、例えば使いたいオンラインソフトがあるとするじゃん?
    まずVectorなり窓の杜なりで探すじゃん?
    ダウンロードするじゃん?
    適当なフォルダに保存するじゃん?
    必要なら解凍するじゃん?
    install.exeかなんかをクリックするじゃん?
    対話形式でインストール進めるじゃん?
    完了

    これがSynapticのボタンポチポチでできちゃう。
    Synaptic開くじゃん?
    検索するじゃん?(欲しいアプリの名前がわかってると早い)
    ポチるじゃん?
    勝手にダウンロード
    対話形式でインストール
    完了

    なんかユーザーフレンドリーじゃん!

    unix系ていうとちょっとした変更するのにコマンドラインからファイル開いてその度viの操作を思い出すのに悩むという先入観がありますが、こういう初心者にも使いやすい部分も発達しているのですねー。おもしい。
    でも、Windowsの方が長年使っている分安心なところもあります。
    今は水深のわからないプールで泳いでいる気分。
    ネット上の先人たちが浮き輪をたくさん用意してくれているので何とか溺れないでいるけど。

    【本日の応募】
    コレガの無線LANルータ『CG-WLBARGNH』でひろがるつながるキャンペーン
    兄弟
    hanp

    こんばんは。
    モバイルなデバイスで困るのは周辺機器の持ち運びですよね。
    本体には専用ソフトケースが付いていたりするんですけどマウスとか電源とかカバンの中でグチャグチャになってイラっとします。なんかいいものないかなーと探したらジャストフィットなアイテム発見!

    むかし人からもらった帆布の小物ケース。これにマウスと電源とイヤホンなどを入れたらバッチリ収まった。サイコー!

    この小物ケースつくってる帆布屋さん(おのみち帆布)って兄弟でケンカして会社を二つに割ったとこかな?と思って調べたらゴタゴタしてるのは一澤帆布と信三郎帆布だった。兄弟仲良くすればいいのにね。
    ここはひとつ俺が一肌脱いで『新一澤信三郎帆布』を立ち上げて粗悪品を量産するぜ!インチキ偽ブランドを打倒する為に兄弟は和解、共闘する。で、偽物業者は兄弟パワーの前に倒れ、名ブランドが復活。大団円。
    そして数ヶ月後、このブログ記事が発見される。
    こんばんは、泣いた赤鬼です。

    【本日の応募】
    福岡帆布 トートバッグ
    *2008/11/14 締切ですが今日(11/16)応募できた。ダメモト君。

    【兄弟のゴタゴタと関係ない帆布屋さん】
    工房 尾道帆布
    見てると欲しくなる。園児バッグとか。ザックとか。
    eeepcの季節なのだ
    eeepc

    という訳で手に入れてしまったのだった。
    もちろん懸賞であたったーーーーのではない!
    買ったのだ!お金出して買ったのだ!奥さんありがとう!
    もはや懸賞ブログとしてミニノートを入手するとかそんな目的にはサヨナラ。
    今日からパソコンいじりブログになります!

    ミニノートの火付け役で今となってはスペック的にショボいEeepc 4G-Xです。
    でもミニノートのアイデンティティのひとつは「ショボいスペック」なので記憶容量がいくつとか液晶がどうとかどうでもいいじゃんいいじゃん。
    おもちゃみたいでクール!こんなでもちゃんとしたパソコンなんだねー。
    何だかんだでネットのビックカメラで購入。
    ポイント加味して26,000円くらいでした。
    こんな値段でパソコン(新品)が買えるんだねー。

    購入してからやったこと
     1)ディスクがちっこいのでWindowsをスリムにチューニング
     2)無線LANルータを買ってきて家庭内LAN構築
     3)Windows消してLinux(Eeexubuntu)導入
     4)アクビちゃんの壁紙導入

    Linuxて聞くとなんだか小難しそうですが、今はおそろしく気軽に導入できます。HDDにインストールせずともCDから起動することもできるので暇な方は一度体験することをおすすめする。たのしいよ。

    本日の応募
    ASUSクイズに答えて豪華商品ゲット!キャンペーン!!
    続々ジョージア
    ジョージアにコツコツと応募していますが、60ポイント投入したところでゴールドカタログなるものがあらわれた。
    たくさん利用してくれるあなたに特別なコースを!的な趣旨のものですが1ポイントでPSPのバリューパックに応募できるのです。でも当選者数は少ない。クリックするとその場で当落がわかるのですが抽選演出があっさりしすぎてあんまりワクワクしないなあ。もっと何かないのかしら。スペシャルリーチとか。背景に大量のリアディゾンが現れたら信頼度アップとか。

    パチンコしてないなあー。
    懸賞サイトでもパチンコ演出的なものを前面に押し出してみるのはどうだろう。
    メルマガ購読すると球がもらえてWEB上の台で打つの。台の液晶にあたる部分には広告とか載せれば一挙両得ジャン。三方一両損ジャン。違うか!で、演出派手にするの。派手じゃない台があってもいいけど。プログラムの中身はあくまでも懸賞に準ずるものとして賭博じゃないですよ!的なシステムなら怒られないんじゃないだろうか。そんな感じのサービスはとっくの昔から既にありそうなので今度探してみようと思います。

    で、世の中いろいろな事を考える人がいるものでジョージアのポイントを集めて商売にしている人もいるということを知った。アカウントを取ってポイントを集めて入力してそれをオークションで売るという。500ポイントいくらとかで。500ポイント!そいうった懸賞のプロフェッショナル達もいるわけです。かなわねえよ!
    500回クリックする人にしてみれば抽選演出なんかどうでもいいわけで。効率だ!時短だ!まわせまわせ的な感じになるよねー。残念賞のリア・ディゾン壁紙とかホントどうでもいい的な感じになるよねー。たぶん。

    うちの住所は常用漢字以外の字が含まれていて、パソコンだと機種依存文字だったりするんですが機種依存とリア・ディゾンは似ている。語感が。リア・ディゾン文字。なんだか解読されていない古代文字みたいな感じになってきた。
    リア・ディゾン文字。
    南米エクアドルのリア地方では古くより様々な記号が彫られた球状の石が多く出土されていた。現地に伝わる伝承によればこれらは古代人が祈祷に用いた祭具であり、記号は天、地、太陽、雨、風等の崇拝、畏怖されるべき自然物や自然現象を象ったものとされていた。1897年リアより300km離れたディゾン遺跡でこれらによく似た記号が記された石板が発見された。石板の記号には明らかな規則性が見られ、文字として使用されていたものと推測される。ディゾンは3世紀ごろにこの地域最大の交易都市であったとされる遺跡で、石板の発見によりリア地方とも交易があった可能性、およびリア地方からディゾンに至る一帯において独自の文字文明が存在した可能性が示唆されている。
    copyright © 2005 もはや時代は all rights reserved.
    Powered by FC2ブログ.